>

幼稚園児ママに人気の習い事

英会話は当たり前?最近の幼稚園児の習い事

女の子らしさが身につく習い事

ピアノは基本の習い事

女の子に限った話ではないと思いますが、基本的に女の子ママはピアノやヴァイオリンといった音楽系の習い事をさせたがるような傾向があります。
男女差別は反対で、女性が下手に見られるのは嫌な割に、そういった女の子らしい教養は身につけさせたいというのは何だかちぐはぐしている感じはしますが、気持ちは分かるような気がします。
幼稚園生であれば、いきなりピアノ教室に通わせるのではなく、最初は音楽に慣れ親しむという風にすると本人も音楽というものを理解していくのではないかと考えるお母様方は多いようです。このころはピアノを単独で習わせるよりも、色々な楽器で遊べる音楽教室に通わせる方が多くいらっしゃいます。学ぶより遊ぶ方をメインにしたほうが、ストレスにならないので通いやすいのではないかという考えもあるからかもしれません。そして、小学校に上がってから本格的にピアノを習うという形にするというわけです。

バレエは外せない

女の子ママに限らず、女性ならバレリーナに憧れた経験は少なからずあると思います。
バレエを習っている子は姿勢がよくて綺麗というイメージもあるので、子供に習わせたいという気持ちもあるかもしれませんが、何となくバレエを習わせたいという気持ちで習わせる方も多いのではないでしょうか。それはやはり女の子は可愛らしくあるべきという固定観念がまだあるからと言えるでしょう。
その他にも、バレエを習わせると体が柔らかくなるので、運動能力も上がるのではないかという考えもあるかもしれません。
何にしても、やはり女の子には可愛くいてほしいという考え方は今も昔も変わらないようです。本人が楽しく通えていれば良いですが、このころは本人よりも親の方が張り切っている傾向が見られます。女の子らしくという考え方は悪くはないと思いますが、本人にとって何が一番良いのかをよく見極めることも重要だと思います。


このコラムをシェアする